すぐに相談したい。相続 弁護士は強い味方

遺産相続と弁護士

あなたの大切なご家族の誰かが、ある日突然亡くなったとしたら、その心の悲しみはなかなか癒されることなくただただ時間が過ぎていくものです。

しかし、悲しみにくれている間にも、その方の死亡と同時に「相続」は始まっており、残された私達は死亡届に始まる様々な手続きを行っていかなければなりません。

その内容は、複雑なものも多く、場合によっては専門の弁護士のサポートが必要なこともあります。


特に弁護士に寄せられる相談で多いものは「遺産分割協議」です。

遺言書があれば、トラブルは防げることが多いのですが、遺言書がない場合は家族の誰かが好き勝手を言い出してしまうと収拾のつかないトラブルに発展してしまいます。

特に相続人が多く、誰が相続人になるか分からないような複雑な家族関係の場合には、感情論にもなってしまい話がまとまらない場合が多いのです。


弁護士を含めて遺産分割協議をすることで、相続漏れなどのミスや醜い争いを防げます。


また、遺言書がある場合でも、その相続内容が偏った配分になっていて、納得いかない場合などは

「遺留分減殺請求」で相手に正当な額を提示して請求する方法があります。

請求には期限があるので、こういったケースも専門の弁護士に相談されることをおすすめします。


一人で悩むより、まずは相続 弁護士に早めに相談し、的確なアドバイスをもらいましょう。


────────

[専門家に相談]

相続 弁護士の検索でお困りのみなさん、つくしの森をご利用下さい。

お住まいの地域、案件から弁護士事務所をお探し頂くことが出来ます。

つくしの森ウェブサイト →http://tsukushilawyer.com/